アーカイブ | 9月 2018

女性学25号のご案内

女性学25号 もくじ

特集:暴力・家族をめぐる政策の展開と社会的変容――ジェンダーの視点から

特集にあたって    戒能民江    6

日本における「gender-based violence ジェンダー化された暴力   北仲千里  15
(violence against women 女性に対する暴力)」対策を考える

政策形成と私たちの意見反映        遠藤智子    24
――法律の適用を受ける者が立法に参画すべき

法律は、離婚後の親子関係に介入すべきなのか      千田有紀    33
――面会交流は親の権利か、子どもの権利か、それとも義務か

投稿論文

「政治塾」と女性の政治参加         大木直子     44
――リクルートメントの観点から

近代日本における「妾」に関する新聞記事のジェンダー分析
――「嫉妬」の社会的構築と「妻」の危機・「妾」の排除   石島亜由美   63

研究ノート

「モテたい」願望の表明による「女らしさ」の強化    高橋幸   84
――2000年代『Can Cam』における「モテ」表象の分析

遊廓を内側から「描く」      山家悠平   93
――和田芳子『遊女物語』(1913)が切り拓いた地平

研究動向

フランスにおける男性運動および男性性研究の動向    海妻径子   104

書評

本田由紀/伊藤公雄編著『国家がなぜ家族に干渉するのか:法案・政策の背後にあるもの』
小川真理子  118
オルガ・R・トゥルヒーヨ著 伊藤淑子訳『私の中のわたしたち―解離性同一性障害を生きのびて』
鈴木楓太   122

英文サマリー(特集論文・投稿論文)
執筆者一覧
投稿原稿募集/執筆書式
バックナンバー
日本女性学会入会案内/日本女性学会規約
編集後記

2019年大会予定が決まりました

2019年度大会は、以下のような日程、会場で行うことが決まりました。
皆様ご予定ください。

日程:
▪1日目 6月15 日(土)13 時30 分~ 16 時30 分(予定) 大会シンポジウム、その後総会、懇親会
▪2日目 6月16 日(日)9時30 分~ 15 時(予定 昼食休憩を1時間ほど含みます) 個人研究発表、ワークショップ、パネル報告

会場:一橋大学 国立キャンパス

2018年度少額研究活動支援採択者のご報告

2018年度少額研究活動支援 採択者一覧について

採択者 研究テーマについては以下の通りです。

真野孝子 フェミニズム文学批評 日本における女性学の総括

堀川修平 民間性教育研究団体における性の多様性実践の変容に関する聞き取り調査

高橋 幸 日本における「ポスト・フェミニズム」:若い女性の「フェミニズム離れ」についての社会学的研究

五十嵐舞 ブラック・フェミニズムのプロジェクトとトニ・モリスン

鈴木楓太 女性アスリートの身体表象に関する史的研究――人見絹枝に関する「日本女性らしさ」の語りを中心に