幹事

第21期 幹事 自己紹介と抱負

第21期の幹事の自己紹介です。(あいうえお順)

合場敬子(あいばけいこ)
身体とジェンダー、身体フェミニズム

 

会計

久しぶりに幹事になり、さらに久しぶりに会計を担当することになりました。荒木さんに教えていただきながら、頑張りたいと思います。現在の研究テーマは、外見主義が若い女性、特に女子高生にどのような影響を与えているのかを、女子高生の美容実践を通じて考察することです。よろしくお願いします。

荒木菜穂(あらきなほ)
ジェンダー論、女性学、社会学、女性運動

 

会計

ふたたび幹事を務めさせていただくことになりました。その昔、もともとフェミニズムへの違和感から女性運動そのものに関心を持たせていただくようになりましたが、長い歴史のある本会の運営にも関わらせていただけることあらためて光栄に思います。フェミニズムのあり方もさらに多様化する中、立場の差異、歴史の連続性に目を向け、女性学を学び実践していきたいです。よろしくお願い申し上げます。

飯田祐子(いいだゆうこ)
日本近現代文化・文学 ジェンダー批評

ニュースレター

ニュースレターの担当をしております。大会に関する情報を中心に、年に三回、みなさんにニュースをお伝えいたします。「女性」について考えつつ、ジェンダー・バイナリズムの窮屈さから離れていきたいと思っています。

伊田久美子(いだくみこ)
イタリア・フェミニズム、家事労働論

メールニュース・ウェブ管理

久しぶりに幹事を担当します。世代交代を視野に入れながら学会の新しい展開に微力ながら協力したいと思います。

大木直子(おおきなおこ)
ジェンダーと政治、地方政治、リクルートメント研究

学会誌編集

大学では主にジェンダー論、女性政策、キャリア関連科目を担当しています。
今回は学会誌編集を担当させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

海妻径子(かいづまけいこ)
男性史、男性性研究理論

 

 

学会誌編集

近代日本の男性性構築過程が主たる関心ですが、近年は「女性保守」研究や、海外(特に非英語圏)の男性性研究理論の分析・紹介にも力を入れています。

日本女性学会の特徴である学際的な議論への関心は、社会運動のインターセクショナリズムへの関心無くしては難しいと思います。皆様の力をお借りして現状を打破できたらと考えています。

菊地夏野(きくちなつの)
ジェンダー/セクシュアリティ研究、フェミニズム理論

 

庶務

フェミニズムをとりまく状況が複雑化する中、本学会の
役割はますます大きくなっているように感じます。
できる限り尽力したいと思います。
よろしくお願いします。

佐藤文香(さとうふみか)
ジェンダー研究、軍事・戦争とジェンダーの社会学

副代表幹事

女性学会創設期から40年を経て、いずれの学会も活動の継承が大きな課題になっていると思います。
世代間の橋渡しと学会活動のさらなる活性化に向けて皆さんとともにできることを考えていきたいです。

内藤和美(ないとうかずみ)
女性学/ジェンダー研究の学問論

 

庶務

会員になって40年、その間10期余り、専らessential work担当として幹事を務めさせて頂きました。今期、学会をめぐる状況を戴し、また、個人としても、意を決して再び庶務を担当いたします。よろしくお願いします。

古久保さくら(ふるくぼさくら)
ジェンダー平等教育研究、近現代ジェンダー史研究

代表幹事

今期は代表幹事を担当します。

フェミニズムが浸透していると感じることも多い昨今ですが、多様な意見をじっくりと交換し、思考を深めることができる場が、もっともっと欲しいなあと思うことも多いです。女性学会がそんな場になればいいなと思います。

牟田和恵(むたかずえ)
ジェンダー論、社会学

ニュースレター

杉田水脈衆院議員を相手取った「国会議員の科研費介入とフェミニズムバッシングを許さない裁判」http://kaken.fem.jp/の原告です。上の世代が切り開き蓄積されてきたジェンダー研究・フェミニズムをこれからの世代に発展的につないでいく、という気持ちで女性学会幹事も務めたいと思っています。